バリ島と日本の架け橋プロジェクト

こんにちわ。Bali-spiritです。
日本とバリ島の架け橋になりたい。
遠いようで近い、似てるようで似てない。
バリの人達と日本人。
そんな思いから、バリ島の伝統工芸の一つでもあるバティック(ろうけつ染め)
イカット(織物)で、きものを作ったら素敵だろうなと、
常日頃思っていました。
私の実家は呉服関係の仕事をしていたので、きものは小さい頃より身近なものでした。
そこで、まずは〝ゆかた〟から作ってみました。
そして、イキ(主人)の友人の紹介からバリ島のタマン ティルタ小学校の協力を得て、日本の文化を知ってもらう機会を作っていただき、実現しました。

当日、生徒さんが正装してお出迎えしてくれました。
すごく嬉しくて、感激でした。

折り紙を使ってみんなで楽しく遊びました。
器用に作ってくれました。

それから、みんなに ゆかたの着付けをしました。
みんな、興味深々です。

ゆかたがとっても、お似合いの女の子。可愛いです。

そして、タマンティルタ小学校より
このような感謝状までいただきました。
日本との文化交流の証です。ありがとうございました。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。